March-FX FFP ファーストフォーカルプレーン ライフルスコープ

March-FX

 
March-FX 5x-40x56mm

March-FX 5x-42x56mm Wide Angle

高倍率ライフルスコープ
34mmボディチューブ
第1焦点面レチクルスコープ(FFP)
8倍率比, 8.4倍比ズームスコープ














March-FX 5x-40x56

   このズームスコープはFFP (First Focal Plane)ライフルスコープで今まで最高の8倍比を保有します。
レチクル目盛りは標的像と一緒にズームされる為、倍率に関係なくレンジングが可能です。
エレベーションダイヤルには、いつでも元の位置に簡単に復帰できる0-セットダイヤル付です。
対物レンズにはEDレンズを採用し、高解像度を得ています。

タクティカルモデル
エレベーション、ウィンデージダイヤルは、大きく回しやすいタクティカルダイヤルを装着。
エレベーションダイヤルには、設定した基準に確実に戻すことの出来る0-Setダイヤル付きです。

イルミネーションタイプ
タクティカルモデルに、レチクル照明装置を附加したライフルスコープです。薄暗い時や、黒い標的を狙うときに威力を発揮します。赤く照らされたレチクルは、明るさを4段階に調整が可能です。また、1時間後には自動的に消灯します。

第一焦点面にレチクルを持つスコープは、構造的にズームの全域においてPOA(Point of Aim)は、変化しません。
2014年 MIL仕様に、1クリック移動量0.1MIL、1回転10MILタイプが追加になりました。



第一焦点面レチクル
第一焦点面レチクルは、ズームすると標的像と一緒にレチクルも大きく拡大され、クロスヘアーも太くなります。Marchスコープのレチクルは、低倍率、高倍率の両方でも見やすく設計されています。
   <MILモデル> 1クリック0.05MIL

Elevation/Windageの調整ダイヤルは、
1クリック=0.05MIL
1回転=5MIL
    <MILモデル> 1クリック0.1MIL

Elevation/Windageの調整ダイヤルは、
1クリック=0.1MIL
1回転=10MIL
    <MOAモデル> 1クリック1/4MOA

Elevation/Windageの調整ダイヤルは、
1クリック=1/4MOA
1回転=25MOA
    <MOAモデル> 1クリック1/8MOA

Elevation/Windageの調整ダイヤルは、
1クリック=1/8MOA
1回転=10MOA
   タクティカルダイヤルタイプのエレベーションダイヤルに、0-セット装置が用意されています。基準距離にセットされたダイヤル位置に瞬時に戻すことが出来る装置です。

貴方が0位置の設定が必要な時、希望の位置にエレベーションダイヤルを調整します。そのままエレベーションダイヤルを動かさないように軽く押えて、コイン溝を使用して0-セットダイヤルを矢印方向に止まるまで回転させて下さい。これで0-セットが完了です。
以後、ダイヤルをUP方向に回転させても、戻すとセット位置で止まります。
0-セットを使用しない時には、コイン溝を使用して0-セットダイヤルを矢印の反対方向に止まるまで回転して下さい。0-セットは解除され通常のエレベーションダイヤルになります。

D40V56FML 選択可能レチクル  FML-1
D40V56FML10 選択可能レチクル  FML-1
D40V56FMA4 選択可能レチクル  FMA-2
D40V56FMA8 選択可能レチクル  FMA-2
D40V56FIML 選択可能レチクル  FML-1
D40V56FIML10 選択可能レチクル  FML-1
D40V56FIMA4 選択可能レチクル  FMA-1
D40V56FIMA8 選択可能レチクル  FMA-1






レチクル一覧

 

FML-1
 


 
 


FMA-1
 



 
 


FMA-2
 



 
     















   
 
 






 
     
 






 
     



















March-FX 5x-42x56 Wide Angle
2020 New


 D42HV56WFIML



最大限の光学性能及び機械性能を要求する競技シューター、愛好家、ハンター向けに開発されました。

ハイマスターレンズシステムは最高の光学品質を可能にし、新開発の26°の広角接眼レンズは8.4倍の倍率すべての範囲で広い視界を得ることができます。(Marchの標準接眼に対して30%広い視界です)

長距離射撃に向く合計移動量40 MILの仰角ダイヤル。 簡単に操作できるロック機構でElevationダイヤル、Windageダイヤル、サイドフォーカスダイヤルをロックします。 新しいコンペティション指向の第一焦点面(FFP)レティクルは、視界の画像を不明瞭にすることなく、正確なホールドオーバーのために設計されています。


 
エレベーション/ウィンデージ調整ダイヤル

1クリック0.1MIL
Elevation: 40MIL ,Windage: 14MIL
Erevation:0-Set機能
ダイヤルロック機構

 ダイヤルロック機構
 (エレベーション/ウィンデージ)

ダイヤル上部の赤いマーク側にロックレバーを設定すると、ダイヤルがロックされます。
ダイヤルの上にある緑色のマーク側にロックレバーを設定すると、ダイヤルのロックが解除されます。

ケースからの出し入れの時や移動時に、不用意にダイヤルが移動してしまうことを防ぎます。
ダイヤルの調整が必要な時には、瞬時にロックを解除することができます。
 
 0セット

エレベーションダイヤルを目的の位置に設定したら、ダイヤルの上部にある0-Setスクリュー(六角穴付きネジ)が止まるまでねじ込みます。
エレベーションダイヤルは、その位置よりも上方向でのみ使用できます。
異なる距離で繰り返し射撃をするタクティカル競技等の時、最初の起点を失うことなく調整が可能です。
 
フォーカスダイヤルロック機構


フォーカスダイヤルロックシステムを採用することにより、フォーカスダイヤルが不用意に回転してピントがずれることを防ぎます。
フォーカスダイヤルを赤い方向に押すと、右図のようにロックされます。
青色の方向に引き出すと、ロックが解除されます。
 
New
 6レベルスイッチ

ダイヤルを回すことにより、射手は明るさを6段階に変更できます。 1が最も暗く、6が最も明るくなります。
ラバースイッチは、選択した輝度レベルを維持しながら照明をオンまたはオフにします。

照明スイッチは、4レベル照明スイッチと同様に、1時間使用しないと自動的にシャットダウンします。
オフにしてからスイッチをオンにすると、以前に選択した輝度レベルで点灯します。
   
バッテリーを交換するには(左図を参照)、スイッチを反時計回りに回してバッテリーコンパートメントを開き、バッテリーをリチウムバッテリー(CR2032)と交換します。バッテリーの平面(+)はスコープ本体に面している必要があります。バッテリーを交換した後、時計回りに回してスイッチをロックしてください。
 
ファストフォーカスアイピース


 このファストフォーカスアイピースは、1回転で±2ジオプターを調整できます。 したがって、これにより、接眼レンズの迅速な調整が可能になります。
この26度広角アイピースを使用すると、広い視野でターゲット/ゲームを狙うことができます

接眼レンズを回し、焦点距離が変わるとレチクルの明瞭さが変わります。 レチクルに目の焦点を合わせたら、ロックリングを反時計回りに回して、接眼レンズにしっかりと固定します。
締めすぎないでくださいが、しっかりしている必要があります。








FML-3 レティクル





FML-TR1レティクル



FML-TR1 レティクルサイズ  (十字部サイズはFML-3も同じ)