★Marchスコープ オフィシャルサイト★★★

社員紹介



レンズのスペシャリスト
   取締役
西窪 泰利 Yasutoshi Nishikubo


西窪は、マーチライフルスコープを製造する Deon Optical Design Corporationの創設者の一人である。

起業理由について教えて下さい。
子供の頃、遠くの物が目の前に大きく見える望遠鏡はとても不思議で大好きでした。ボール紙をまるめて、虫眼鏡のレンズを組み込み、手作り望遠鏡を作り友達に見せて遊んでいました。
手作り望遠鏡の倒立像は赤青の色収差の激しいものでしたが、遊んでいてとても楽しかったです。

光学機器好きが高じて、いつの間にかこの業界に入りました。世界の有名企業の光学機器をOEM生産する企業に入社して、30年以上に渡り、多くの製品を開発してきました。
55歳の定年を迎えた時に、残りの仕事人生では、究極の高品質を誇る光学機器を作りたいと思い、仲間達と起業することを決めました。


仕事内容と、仕事をする上で苦労している点を教えて下さい。
私はレンズ設計と、ライフルスコープの最終検査を行っています。
レンズ設計には終わりが無く、多くの回答案があります。
今日これがベストだと思っても、明日それがベストだとは限りません。一週間後に再検討すると、もっと良さそうな案が浮かぶこともよくあります。
ですから、私は少しでもより良いアイディが思いつくように、考えることを片時もやめません。
性能、コスト、製造のしやすさ、組み立てやすさ等のバランスをとることはとても難しく苦労している点です。
勿論そのバランスをいかにとるかを考えることすら私にとってはとても楽しいことです。



▲長い筒状の機材は、レンズ等を正確に傾きなく組み付けたり、焦点の位置を調整するために使用し、コリメーターと呼ばれています。100ydに調整してあるコリメーターと、無限に調整してあるコリメーターとがあります。
組立途中でレンズ位置の調整にコリメーターを使いますし、無限位置の設定や、最も見えの良い状態に調整するのにも使います。最終検査するのに、無限距離の状態で解像度の確認を行い、また、MILやMOAの調整装置のクリック移動が正確に動くかどうかボックステストなどを行います。それぞれが目的に合ったコリメーターになっています。



  ▲(右上)携帯で撮影をしたので画像が荒いですが、これはコリメーターチャートと言い、ライフルスコープのレンズの解像度を計測しています。


自分なりに工夫している点はどのようなものですか?
40年前のレンズ設計は、電卓で光線を一本ずつ計算して、収差図を手書きすることで、レンズ設計をしていました。一日中電卓を叩くのがかつての主な仕事内容でしたが、現在は、計算はコンピューターが瞬時に計算してくれて収差図までプリントアウトしてくれます。ですから、ライフルスコープのレンズを試作する前に、おおよその性能がわかる時代になりました。
しかも技術の革新により、昔では考えられなかった新しいガラスの材料が次々と開発されています。
新しい材料を採用すると全く新しい製品が開発出来る為、ワクワクしながら出来るだけ新しいことを取り入れていきたいと思っています。


今度仕事上で取り組んでみたいことは何ですか?
アナログカメラがデジタルカメラに変わったように、この業界の製品もデジタル化が進んでいます。
電池が無くてもしっかり機能するアナログ製品の良い点を踏まえながら、デジタルとの融合した新しいライフルスコープを作りたいですね。


趣味を教えて下さい。
レンズ設計をすることです。レンズ設計はただ単に私の仕事ということだけではなく、私の人生そのものです。
私は一日中レンズ設計をし続けることが出来ます。
情熱を注げられるものに出会えて、自分は大変幸運だと思います。レンズ設計以外では、葡萄作り、武道鑑賞、映画鑑賞が趣味です。


モットーは何ですか?
自分の好きなことを見つけて、今の人生を楽しむこと!


西窪のこれまでの実績
2007年  世界で初めてEDレンズを採用したベンチレスト用40x52のレンズを開発
2008年  40x52の姉妹機 50x52, 60x52, 10-60x52, 5-32x52のレンズを開発
2009年  ライフルスコープで世界初の10倍比スコープ 1-10x24, 2.5-25x42のレンズを開発
2010年  10x比スコープに今も世界最高倍率の8-80x56と5-50x56のレンズを開発
2011年  3-24xFFPのレンズを開発
2012年  5-40xFFPのレンズを開発
2013年  1-8x24FFPのレンズを開発
2014年  2.5-25x32, 3-24x52のレンズを開発
2016年  瞳系の大きな1-4.5x24, 40-60x52 EPズームのレンズを開発
2017年  世界最小1-8x24 Shortyのレンズを開発
2018年  世界最高倍率比FFPスコープ 6-60x56FFP(GENESIS), 4-40x52(GENESIS)のレンズを開発




     
編集:森田真理