★Marchスコープ オフィシャルサイト★★★

材料費の高騰にも関わらず当面のマーチスコープの価格は据え置きます。




マーチスコープを製造するDEONをはじめとする製造業は、世界的な原材料価格の高騰や輸送コストの上昇により、コストアップの圧力にさらされています。

1. アルミニウムインゴットの不足
2022年の世界のアルミニウム新地金の需給バランスは、183.5万トンの供給不足が予想される。前年の供給不足量は81万トンであり、今年は100万トン以上の供給不足が予想される。DEONでは、アルミスコープボディのコストが前年比約15%上昇しています。

図表:
アルミニウム価格の年間推移 

         引用元:https://markets.businessinsider.com/commod.../aluminum-price



2. 半導体の不足
世界的な半導体不足は弊社にも影響しています。イルミネーションモジュールのICチップは価格が昨年度に比べて2倍になりました。

図表:産業別生産者物価指数

引用元:https://tradingeconomics.com/united-states/producer-price-index-by-industry-semiconductor-and
-other-electronic-component-manufacturing-fed-data.html




3. 航空便の減便
交通機関の運賃も、航空便の減少により大きく変動しています。昨年は航空運賃が2倍、3倍になった時期もありました。

図表:世界の航空会社のフライト頻度


  引用元:https://www.statista.com/statistics/1104036/novel-coronavirus-weekly-flights-change-airlines-region/




4. ガラス等原材料の価格上昇
ガラス材料やガラス溶解工程は、原油価格の高騰やCOVID19による人流停止による人手不足の影響を受け、材料の入手が困難となり、価格が上昇しています。カメラメーカーによっては、やむを得ず値上げをしたところもあります。また、箱や段ボールなどの包装資材の卸値も上がっており、ほとんどすべてが値上がりしているといっても過言ではありません。他のスコープメーカーでも値上げをするところがあると聞いていますが、理解できる状況です。

マーチスコープ誕生以来15年以上、同じ仕様(付属品等含む)では値上げをしておりませんが、現在の経済状況(材料価格の上昇等)が改善されない場合、製品価格(希望小売価格)の値上げが必要となる可能性があります。これまでDEONでは、値上げをせずにスコープを提供することに全力を尽くしてきました。今後もできるだけ現在の価格を維持できるよう努力していきたいと考えています。マーチスコープを応援してくださる皆様、ありがとうございます。


     編集:森田真理